読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やすはんのハンドメイド販売ブログ

趣味だったハンドメイドで起業するまで。 起業してからのハンドメイド生活について綴っています。 ハンドメイド販売のちょっとしたコツも。

ハンドメイド販売 売れる!写真の撮り方

ハンドメイド販売 コツ

こんにちは、やすはです。
先日我が家にゴキブリが出ました。
それから1週間経ちましたが、今のところ出ていないので住み着いてはいないかな?
などと思っております。 


でもね、あの恐怖体験が忘れられない|д゚)
ちょっとでも黒い物があると「ゴキブリ!?」と思う。
実際には何かの影だったり、この前はアボカドの皮だったわ。


ゴキブリは別に攻撃してきたわけじゃないのにね。
いるだけで恐怖!
いや、ゴキブリからしたらこっちの方が恐怖だろうね。




 
 

さてと、写真の話ですよ。



今日お話するのは、ハンドメイド販売において一番重要なこと。


写真の撮り方


いくら素敵な作品を作って、説明文もしっかりしていても写真が汚かったら売れない
先日ハンドメイド販売 売れる!作品説明の書き方でも見てもらったけど。
一度こちらのページに飛んでみてください。(楽天のサイトに飛びます)
⇒⇒
リーフヘアピン


どうですか?見れますでしょうか?
写真きれいですよね?
作品のアップがあったり、着画があったり。
作品のアップの後ろにはちょっとした英字ペーパーが置かれていて、オシャレに見えませんか?


まぁさすがにこれはプロが撮っているからキレイなのは当たり前ですが。
ここまでではなくても、そこそこキレイな写真を撮らなきゃ売れない。
私は写真なんて全く得意じゃないから最初は色々本を読んで勉強してみた。
その中で一番良かったな~って思う本がこちら。


ハンドメイド作品に特化した写真のきれいな撮り方が詳しく載っています。
ハンドメイド販売される方でお写真得意じゃないよーって方にはオススメです。 


写真をきれいに撮っていると「今日のピックアップ作品」に選んでもらえる可能性も高くなる。
ピックアップに選んでもらうと多くの方に見てもらえる確率も上がるので、結果売れる可能性も高くなる。


写真はハンドメイド販売の命です。


最初は誰でも上手に写真撮れません。
それでも最低これだけは守りましょう。


✔ハンドメイド作品のバックに生活感のある物を置かない

たまにびっくりするけれど、テレビのリモコンとかお茶の入ったコップが写りこんでいる写真をあげている人がいるんです。

嘘みたいな話だけど、本当にいるんですよ。
せっかくの作品が台無しです。


✔写真をアプリなどで加工しすぎない

作品をキレイに見せたいのは分かるけれど、後々写真と違う!とお客様からクレームの元になります。



✔写真は最低でも4枚は載せる

前方からのお写真や後方からのお写真など色んな方向から撮影しましょう。
写真が1~2枚って作品の情報が少なくて信用できないな~と思われます。
大抵どの販売サイトもお写真は5枚まで載せれます。


✔晴れの日のお昼、自然光が入ってくる時間帯に撮影する

どの本にも書いているのですが、写真下手の私でもキレイに撮れました。
曇りや雨の日に撮影すると、影ができたり薄暗くなったりします。


写真撮影にカメラは必要?



 色々な本を読んでびっくりしたのが「一眼レフカメラを買いましょう!」なんて書いてあるんですよね。
例えばこんなカメラ。

Nikon
デジタル一眼レフカメラ
D3300 ダブルズームキット2 ブラック
¥53,262-
 


カメラ詳しくないけどこれくらいの値段するの?
もっと安いのもあるのかな?


趣味でカメラやってます!とか家族が持ってます!とかでカメラ持っているなら使わない手はないと思う。
けど私みたいな主婦には、特に趣味でもないしカメラなんて使わない。
iphoneっす(´◉◞౪◟◉)


iphoneでも以上のことにさえ気を付けていたらキレイに撮れるし売れる。
何回も撮影してたら絶対キレイに撮れるから。
最初はスマホで充分。
資金に余裕が出たら一眼レフでも買って撮影してみるといいですよ~。



【送料無料】
iPhone6s 対応
可愛い猫 ストラップ付
DM便送料無料



 



それでは~。