読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やすはんのハンドメイド販売ブログ

趣味だったハンドメイドで起業するまで。 起業してからのハンドメイド生活について綴っています。 ハンドメイド販売のちょっとしたコツも。

ハンドメイド販売 作品にどこまで求められるか

ハンドメイド販売 お客様

こんにちは、やすはです。

ハンドメイド販売をしていると、お客様から色んなご意見をいただく。良い意見から悪い意見まで、色々と。何も言われないこともあるし、お客様の腹の中は分からない。ゴミみてーな作品だなと思われたこともあるかもしれない。それでも私は作り続けるのだけど。

 

先日私は5000円で本革バッグを購入した。その時の記事はこちらー。

yasuhan.hatenablog.com

 

 

私はこのバッグを買うのに3日ほど迷った。だって本革バッグが5000円。大丈夫?と疑いたくなる価格。幸いお客様の口コミが掲載されているショップさんだったため、口コミを隅々まで読んだ。それはもう良い意見から悪い意見まで色々。でさ、悪い意見を中心に読んだわけですよ。いやはや、これがねまた面白かったのよ。

 

5000円本革バッグの口コミ



ネットで物を買うときに他のお客様の口コミはすごく役に立つ。それはね、中にはさくらもいるかもしれない。それでも私は読む、客観的に。手元に届いたバッグはそれはもうすごく素敵で私のお気に入りになった。これが5000円で買えるって日本ってなんていい国なんだろうね。そしてバッグを製造している会社も好きになった。株買おうかな。

 

口コミの話だが悪い口コミはこんな感じ。

 

数十万円のバッグをたくさん持っていますが、革の質が良くないです。本革特有の手にすいつく感じが無いです。

 

製法が悪いです。H社と比べるとう~ん?って感じ。

 

だそうです。まぁね、人それぞれ感じ方は違うからね。確かにね数十万円するバッグと比べると糸の始末とかがさ、少し雑かな?って思う点はあるけれど5000円の本革バッグに何求めてるの?そしてなぜにH社と比べるwww100万円近くするバッグと5000円のバッグをなぜに同じ土俵に乗せるのだろう?もうね、そんなこと書くんだったら初めからH社のバッグをもう一つ買ったらどうだろうかね?

 

と色々思ったが5000円のバッグはすごく素敵だった。革に傷や汚れも無いし、縫い目だっておおむねきれい。おまけにツイリーまでつけてくれていたが、すごく素敵なツイリーだった。ショップさんの対応も梱包も丁寧だった。

 

 

 

そしてハンドメイドの話



お客様にお金を払っていただいて、自分の作品を買っていただくわけだから。そりゃ、丁寧に作るし、丁寧に梱包して送らせていただく。ただ同じ物を作るにしても、少々の個体差が出る。全く同じものを大量生産はできない。工場も持ってないしね。

 

ただお客様の中には工場で作られているものと同等の物またはそれ以上の物をハンドメイドに求める人もいる。作り手としてはできるだけご要望にお応えしたいとは思うが、自称良い物しか持たないようなお客様にはご納得いただけないこともある。

 

私は家に良い物しか置かないようにしているのですが、やっぱり〇〇社の家具の隣に置くと見劣りがします。

 

とメッセージをいただいたことがある。

 

このたびはご購入いただきまして誠にありがとうございます。

1000円以下で販売している私の作品を〇〇社の家具の隣に置いていただけまして光栄でございます。よろしければ〇〇社で数万円はするであろう物をもう一つお買い上げ下さいませ。

 

 

ダックスフンドの長椅子 (子供家具・木のおもちゃ) 木育

ダックスフンドの長椅子 (子供家具・木のおもちゃ) 木育

 

 

さようなら~