読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やすはんのハンドメイド販売ブログ

趣味だったハンドメイドで起業するまで。 起業してからのハンドメイド生活について綴っています。 ハンドメイド販売のちょっとしたコツも。

ハンドメイド販売 私が販売を辞める時

ハンドメイド販売

こんにちは、やすはです。ハンドメイドが好きです。ハンドメイドおばさんです。自分で作った物を販売している者です。

 

ハンドメイドについてこのブログで黒いことばかり書いているが、私はハンドメイドが好きだ。材料を選ぶことも好きだし、材料を眺めているのも好き。作る過程も好きだし、出来上がった瞬間もこれ以上にないほど幸せを感じる。

 

写真を撮ってハンクラサイトに掲載する過程も好きだし、買っていただいて梱包するのも好き。お客様を幸せにするんだよ~と気持ちを込めて自分の手から離れていく。

 

お客様からありがとうございます。なーんて言われると嬉しいが、お客様をがっかりさせてしまったこともあるだろう。クレームが来た時は落ち込んで、もう辞めようかなーと思ったりもしたけれど、今も続けてるってことは本当に好きなんだと思う。

 

ひとりビジネスのはじめ方   「好き」を仕事にする!

ひとりビジネスのはじめ方 「好き」を仕事にする!

 

 

 

ハンドメイド販売をしていて嬉しかったこと



ハンドメイド販売を始めて、初めて売れた時は嬉しかった。夜中に売れていたようで朝起きた時は叫びそうになった。ドキドキしながら検品して、梱包して、ドキドキしながら送った。その時にお客様からいただいた言葉。

 

大切に使わせていただきます。

 

涙が溢れてきて、いい大人が久しぶりに声をあげて泣いた。ありがたいな~と思った。お金を払って買ってくださる人がいて、その方がわざわざメッセージでこんなに素敵な言葉を送ってくれる。自分の何の得にもならないのに。本当にありがたいことだ。お金では買えない温かい気持ちをいただいたのだ。

f:id:yasuhan:20160801083430p:plain

 

お客様が喜んでくれるのは当たり前じゃない。レビューを書いて下さるのも当たり前じゃない。ありがとうございますとメッセージを送って下さるのも当たり前じゃない。全部全部ありがたいことなのだ。

 

私がハンドメイド販売を辞める時



ハンドメイドブームなんて言われていて、もう下火だ~なんて言われているようだけど。私だっていつかハンドメイド販売を辞める日が来ることだろう。それがいつになるかな~なんて私はぼんやり考えるけれど。

 

きっとその日は自分がお客様に感謝できなくなった時か、自分がハンドメイドを楽しめなくなった時だと思う。それがいつ来るかは分からないけれど、その日までは細々とでも続けていくつもりだ。

 

例え今いただいているお金が減ったとしても、それはそれでいいんじゃないかと本気で思うのだ。売れる時もあれば、売れない時もある。それでいいんじゃないかと。別にハンドメイドだけで生計を立ててるわけじゃないから、こういうことが言えるんだけどね。

 

まえだ 感謝のきもち

まえだ 感謝のきもち