読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やすはんのハンドメイド販売ブログ

趣味だったハンドメイドで起業するまで。 起業してからのハンドメイド生活について綴っています。 ハンドメイド販売のちょっとしたコツも。

ハンドメイド販売 創業100年の小さな天ぷら屋さんから学ぶこと

こんにちは、やすはです。田舎に住んでいます。娯楽はありません。でも自転車で少し行ったところに、小さな小さな天ぷら屋さんがある。世界一美味しい天ぷらだと私は思っている。さつま揚げともいうけれど。こういうやつね。写真下手で申し訳ないけど。ちなみにこれは、ゴボ天だ。

 

f:id:yasuhan:20160707122902j:plain

お店は昭和の香り!むかーしから続く小さなお店。決してきれいではない。引っ越してきた当初に行って食べてみたんだけど、とにかく美味しい!1つ100円。お手頃価格だけど、天ぷらにしてはお高めよね。店先ではかわいいおばあちゃんが天ぷらを揚げている。次から次へとお客さんがやってくる。売上は1日200枚は軽く超えているだろう。単純計算で2万円。こんな片田舎でだ。

 

どうしてこんなに売れるのだろう?



お店が繁盛している理由を自分なりに考えてみる。確かに天ぷらは本当に美味しい。今まで食べたどの天ぷらよりもはるかにおいしい。そしてお店のかわいいおばあちゃんもすごく愛想が良い。天ぷらの種類も豊富だし、昭和チックなところもいいのかもしれない。あと店先で揚げてるから何か安心よねー。変な物入ってないですよ~って自信があるからお客さんの前で調理ができるの。

 

ちょっとお土産に~というとケーキみたいな洋菓子を連想しがちだけど、私は常にてんぷら。だってササって食べられるし、次の日お弁当とかに入れられるしいいのよ。思いっきり主婦目線なんだけど。

 

で、毎日のように通ってて気づいたことがある。

 

このお店も、このおばあちゃんもめちゃくちゃ愛されてるんですね。そしてめちゃくちゃ応援してもらってる。地元の人みんなでこのお店のこと応援しちゃってる。もちろん私も応援しているし、お店がずーっとずーっと続いてほしいと思ってる。お店が繁盛する秘訣って、愛されて応援してもらえるってとこにあるのよねー。

 

ハンドメイド販売に当てはめてみる



私みたいな在宅ハンドメイド販売おばさんは、パソコンの画面越しにいかに自分の作っているものやお店を好きになってもらえるかが勝敗を分ける。見ている人に愛してもらって応援してもらえるようにならなければならないのだ。

 

興味を持ってもらって購入していただいてからもずっと好きでいてもらえる努力をしなきゃいけない。そのために壊れないように丁寧に作るし、何か不具合があったらすぐに対処をする。売れたからおしまーい!じゃあダメだよね。だから私は100円ペタはしないのだ。きっと売れると思うけどね。これじゃあ愛してもらえないよ?一時的に売れたいだけならいいけど。

 

yasuhan.hatenablog.com

 

結局売れないってことは、優先順位が自分が一番なわけ。自分がお金欲しい、自分の家庭が少しでも豊かになればいい。自分が、自分が、自分が・・・なわけ。ベクトルがぜーんぶ自分に向いちゃってるの。こんなんじゃ誰も応援してくれないし、誰も愛してはくれない。

 

ほんとにハンドメイド販売やりたいならまずは買って下さる人のこと考えることだねー。何のためにハンドメイド販売して、みんなにどうなってもらいたいのさ?本気で売れたいなら話はそこから。

 

てことで私は今から天ぷら食べるわ。

 

愛されるサービス

愛されるサービス